よむMPTV!

Written by ITOKEN

ビジネス思考

イノベーター理論で新商品・新サービスを成功に導く

投稿日:2018年3月13日 更新日:


tube-e151460662462ww6

 

年明けうどん。いまいちパッとしない。

 

01_udon

年明けうどん。

何の脈略もなく、突然どこからともなく囁かれるようになった、ある意味都市伝説だ。
wikipediaを調べてみても、歴史ある「年越しそば」とは違って、「さぬきうどん振興協会」が、うどんの普及を願って2009年にスタートしたものなんだそうだ。

なんてことはない、うどんを食うだけ。
新しいものが人々に受け入れられるって大変なんだなぁ・・。

 

 

 

 

 

興味がない層に浸透できれば、社会現象。

 

そこで今日はイノベータ理論をご紹介します。

イノベータ理論とは、新しいものを受け入れる順に顧客層を5つに分類し考察したもの。

 

02_udon

 

新しいもの好きにだけ受け入れられてもヒット商品とは言えないわけね。

そんなイノベーター理論では、新しいものを受け入れやすい順に顧客層を5つに分けています。

 

04_udon

 

 

 

 

 

 

05_udon

 

まずイノベーターと呼ばれる人たちは、いわゆる新しいもの好きの人たち。
真っ先に新製品を購入する傾向にあります。いわゆるその分野のオタクとかマニアで市場全体の2.5%

 

 

 

 

06_udon

 

次にアーリーアダプタと呼ばれる人たちは、1個目のイノベーター程じゃないけど、新しい物事にアンテナをビンビンな人たちのこと。
新しいものから受けるメリットをよく理解している人たち。市場全体の13.5%

 

 

 

 

07_udon

 

そして、アーリーマジョリティと呼ばれる人たちは、新しいものに関して、割と慎重なんだけど、新しいものを買う前にその実用性なんかをじっくり検討してから受け入れる人たちのこと。市場全体の34.0%

 

 

 

 

 

08_udon

 

4つ目はレイトマジョリティと呼ばれる人たち。
超慎重派の顧客層のことで、その新しいものが自分の周りの大多数で受け入れられている事実をみてから自分も試すような人たちのこと。こちらも全体の34.0%

 

 

 

 

09_udon

 

そして最後まで新しいものを受け入れないのが、ラガードと呼ばれる人たち。
そもそも、新しいものや流行が苦手と感じている層で、新製品とか新技術が一般化するまで買いたくないと思っている人たち。全体の16.0%

 

 

 

 

 

04_udon

まとめると、イノベータとアーリーアダプタが新しいもの好き、
アーリーマジョリティは実用重視で、レイトマジョリティーは保守派。
そんでラガードは新製品が苦手な人ってなります。

つまり、新しいもの好きだけにウケてても、それはヒット商品でもなんでもないということ。

全体の3分の2を占めるレイトマジョリティまで巻き込んで始めて「世の中に浸透した!」って言えるわけ。

 

 

 

 

 

ハロウィンは健闘

 

僕なんかはまだ受け入れられませんが、最近では、ハロウィンが一気に日本に普及しましたよね。
早い段階からハロウィンを受け入れていたパーリーピーポーは、イノベータであり、アーリーアダプタ。
そこを突き抜けて、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティにまで受け入れられたようです。

さっきご説明したようにアーリーマジョリティの特徴は、実用性をじっくり検討する人で、レイトマジョリティの特徴は、周りの人たちが受け入れているなら自分も受け入れようとする人たちでした。

会社の同僚やクラスメイトを想像してみて、まさにそういう人たちいるじゃない。
そういう人たちが受け入れたものであれば、それはヒット商品ってことです。

ちょっとヒットしたアニメとかが簡単に「社会現象」になったとか言いますけどね、イノベーター、アーリーアダプタにのみウケているものは決して社会現象とは言えないわけです。

 

 

 

 

 

キャズムを超えろ!

 

10_udon

 

というのも、このアーリーアダプタと、アーリーマジョリティの間には、キャズムと呼ばれる深ーい溝があって、なかなか新製品・新サービスはこの溝を超えられないのよ。

きっと今頃、デキるうどん屋は、来年こそはキャズムを超えてやるとリベンジに燃えているに違いない。
キャズムを超えるには、アーリーマジョリティーの特性がカギになります。
年明けうどんの実用性とかその素晴らしさを知ってもらう戦略が必要ってことですね。

 

 

 

 

 

おさらい「イノベーター理論」

 

11_udon

うーん。すみません・1つ訂正。
ハロウィンは、まだまだ若者中心の文化なので、レイトマジョリティまでは行っていないかもね。
レイトマジョリティまで行っているのは、もうちょっと規模がデカいやつ・・・スマホの普及とかかな。

うちの親父は完全にラガードです。まだガラケー使ってるもん。

 

 

 


-ビジネス思考
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

Asian business team in the city.

従業員満足だって大切だ!【働き方改革】

  店員さんの笑顔に屈する   僕、どこに行くにしてもちょっとした移動はだいだい自転車です。 山手線ぐらいだったら余裕で横断縦断するし、都心にいても、西は多摩川、東は浦安ぐらいまで …

0i1jl

実行できない3つの理由

  ええ~・・・そうか・・・? ジェームズランゲ説というものがあります。 外部の刺激によって、身体的な反応が起こり、そして感情が生まれるという考え方。   悲しいから泣くんじゃなく …

dw08

「童話で分かるプロジェクトマネジメント」読んでみた!

  デキるヤツは昔話にいた!?   このマイプロジェクトTVでは、デキるヤツの考え方やテクニックを、(自称)国際プロジェクトマネージャーの伊藤ちゃんがご紹介させていただいています。 …

gkk00

デキる奴ほど神頼み?【逆算思考】

  おまじない、願掛け?   願掛けとかおまじないって、あんまり・・その頼りにしていないというか。。 願掛けするくらいなら、論理的に効果があるような行動をしたほうがいいんじゃないか …

photo credit: marcoverch Behälter mit recyclebarem Abfall via photopin (license)

デキる奴は「調達マインド」で、買い物上手。

  買って後悔したり、買ってみたけど使わなかったり。     僕、めちゃくちゃ欲しかったものなのに、買ったという事実で満足しちゃって、開封すらしていない商品すらあります。 …

イトケン
米国PMI認定PMP(R)国際プロジェクトマネージャー / 産業心理士

電子出版ベンチャーのスタートアップから、国内大手通信社のBPO業務まで、幅広くプロジェクトマネジメントに携わる。 YouTubeチャンネル「マイプロジェクトTV」では、デキるヤツの考え方やテクニックを”休み休み”ご紹介しています。

YouTube「マイプロジェクトTV」

東京メトロと都営地下鉄の全区間を1日かけて制覇してみました。たった900円の東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券のおかげです。あまり感動はありません。

「しくじり」や「やらかし」。仕事のミスとか失恋なんかも。そーゆー心がヘコんだときに立ち直る方法7つをご紹介します。

実は案外ほんのちょっとのことで幸せになれるのかもしれません。そんな習慣を5つランキング形式でご紹介します。