よむMPTV!

Written by ITOKEN

ビジネス思考 人を動かす/育てる

「いきなりステーキ」のゲーミフィケーション【1kg食う】

投稿日:2017年12月29日 更新日:


 

いきなりステーキで1kg頼んでみた。

 

niku01

 

 

 

これ・・ボリューム凄いんですけど・・。

niku02

 

 

 

めちゃくちゃアゴが疲れる。

そして、時間とともに肉も冷めてきて徐々に辛い展開に。。

niku03

 

 

 

39歳くらいになるとね、胃腸が弱くなってくるのよ。
もう・・もうホントに、極限状態。
最後の脂身は、絶対無理。

niku04

 

・・もうしばらく肉は食べなくていいかもしれない・・。

 

 

店内の肉消費量ランキングが凄い。

niku00

あのさ、あの店内に掲示されてたランキングみたいなやつ、あれホント?!
あんなに食べれるもんかねー。毎日3食しかもそれなりの量を食べなきゃ、あそこに番付されないよ?ええ~!?

いきなりステーキさんの、食べた肉の量をポイントとする、この「肉マイレージカード」のおかげで強者たちが、その食べた肉の量を競い合ってるわけだ。

niku05

 

 

 

 

ゲーム要素を取り入れる。

niku06

そこで、今日は「ゲーミフィケーション」をご紹介します。

ゲーミフィケーションとは、日常生活やビジネスにゲームの要素を取り入れること。
こうすることで、楽しく、夢中になって、そして時には自発的に戦略を練って、課題に取り組むことができます。

 

極端な話を言っちゃえば、いろんなお店がやってるようなスタンプカード、あれもある意味ゲーミフィケーション。
たいやき屋さんで10個スタンプ集めたら、1個タイ焼きが無料になるっていうスタンプカード。
無料を目指して頑張るじゃない。こっちはモチベーションあがるじゃない。
単純なやつですけどね。

 

 

勝手にゲームを楽しむ客

 

niku07

いきなりステーキさんは、そこからさらにワンランク上のことをやっていて、それが、ゆるいソーシャル化。
さっき言った、お客さん同士がランキング見て勝手に食べた肉の量を競い合う仕組みが出来上がってる。
お客さん同士が互いにコミュニケーションをとるわけじゃないけど、ライバルを意識して活動する。
まさにユルいソーシャル化ってわけだ。
肉の消費量に応じたサービスもあるみたいですよ。

もうちょっと積極的にソーシャル化してて有名なのがハーレーダビッドソンさん。
ハーレーを愛するオーナーが、会員専用サイトを通じて
愛車の走行距離を競いあうことが出来るだけじゃなく、全世界にあるチャプターと呼ばれる1400の販売店が、イベントやカスタマイズコンテストを開催し、会員同士のハーレー愛を共有できます。もちろん、走行距離に応じた特典もあります。

 

 

日常にゲーム要素を取り入れよう

僕もちょっと、昔ゲーム要素を仕事に取り入れようとしたことがあって、事務の仕事を管理してたことがあるんですが、結構、いろんな細かい業務がたくさんあって、それを気付いた人がやる・みたいな感じだったから、やり残しとか、モレとかがあったりしたのね。

そこで、全タスクを大きなモニターに打ち出して、国取り合戦風にしたんだけど、、、
こう、終わったタスクをクリックすると、陣地を採れるみたいな。
でも、あんまり、評判よくなくて、部署のみんな、誰も使ってくれなかったんです。

 

niku08

 

こういうのはみんなに使ってもらってなんぼじゃない。
そこらへんの配慮が足りなかったなーっと思って、陣地をクリックする時に、楽しい音がなるようにしたんよ。
ぼよよーんとか。ぷぅ~。とか。
そしたら、伊藤の部署いつも仕事中、遊んでねーか?みたいな変な噂が立ってやめたわ。
楽しんで、仕事したっていいじゃない!!

 

 

モチベーション維持にも。

物事を計画して実行するとか、課題に取り組むとか、途中でモチベーションがダメになることあるじゃないですか。
そこで、ゲーミフィケーション。
こういうのは、工夫次第なんで、ゲームの要素を取り入れて、楽しんで、夢中になって、飽きずにモチベーション高く物事を取り組んでみてはいかがでしょうか。

というわけで今日のおさらいです。

 

 

 

おさらい「ゲーミフィケーション」

niku09

 

今回ご紹介したいきなりステーキさんとか、ハーレーさんとかみたいに、その利用者の価値観を大事にすることが、いいゲーミフィケーションだと思います。

肉をガッツリ食った!
愛車と共に走った! 

という体験を、ゲームの要素の世界観に変えているところが上手いですよね。

 


-ビジネス思考, 人を動かす/育てる
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

MUNICH/GERMANY - JANUARY 17:  Margrethe Vestager (European Commissioner for Competition) gestures on the podium during the DLD16 (Digital-Life-Design) Conference at the HVB Forum on January 17, 2016 in Munich, Germany. DLD is a global network of innovation, digitization, science and culture, which connects business, creative and social leaders, opinion formers and influencers for crossover conversation and inspiration.(Photo: picture alliance / Andreas Gebert)

仕事がデキるヤツだと周りに思わせる方法

  手っ取り早く一目置かれるために   こんな本もあるんだな・・。なんかしゅごい・・。   「会議でスマートに見せる100の方法」(サラ・クーパー著)   この …

photo credit: marcoverch Behälter mit recyclebarem Abfall via photopin (license)

デキる奴は「調達マインド」で、買い物上手。

  買って後悔したり、買ってみたけど使わなかったり。     僕、めちゃくちゃ欲しかったものなのに、買ったという事実で満足しちゃって、開封すらしていない商品すらあります。 …

19

ありえない!ダメな上司のブラックな叱り方

  こんな叱られ方は嫌だ!   先日ネットニュースに、こんなお悩み相談の記事がありました。   叱るって行為は、叱る側からすると「同じミスをさせない」とか「現状を改善させ …

photo credit: Michele Lamberti NON NOMINARE IL NOME DI DIO INVANO - NON BESTEMMIARE via photopin (license)

デキるヤツは反省しない!?

  デキるヤツは反省しない!? 芸能界だけじゃなく、ネット界、YouTube界でもいろんな人が謝罪会見をしたり、謝罪動画をアップしたり、謝って当然みたいな人もいれば、時には、誤る必要ないんじ …

01_udon

イノベーター理論で新商品・新サービスを成功に導く

  年明けうどん。いまいちパッとしない。   年明けうどん。 何の脈略もなく、突然どこからともなく囁かれるようになった、ある意味都市伝説だ。 wikipediaを調べてみても、歴史 …

イトケン
米国PMI認定PMP(R)国際プロジェクトマネージャー / 産業心理士

電子出版ベンチャーのスタートアップから、国内大手通信社のBPO業務まで、幅広くプロジェクトマネジメントに携わる。 YouTubeチャンネル「マイプロジェクトTV」では、デキるヤツの考え方やテクニックを”休み休み”ご紹介しています。

YouTube「マイプロジェクトTV」

東京メトロと都営地下鉄の全区間を1日かけて制覇してみました。たった900円の東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券のおかげです。あまり感動はありません。

「しくじり」や「やらかし」。仕事のミスとか失恋なんかも。そーゆー心がヘコんだときに立ち直る方法7つをご紹介します。

実は案外ほんのちょっとのことで幸せになれるのかもしれません。そんな習慣を5つランキング形式でご紹介します。