見ただけで好きになるのか?


tube-e151460662462ww6




 

視界に入るだけで好意が生まれるのか?

 

何度も僕のことをYouTubeでご覧になってる視聴者さんは、ある意味、見慣れてきたわけで、初見の方は、普通こんな顔テッカテカ独身社畜ヒゲおじさん42歳をみるとギョッとするわけです。
以前、ご紹介した単純接触効果。初対面でいい印象がなくても、日常的に顔を合わせてるとだんだんと好意が芽生えるって現象でした。

【単純接触効果】
繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。

デキる営業担当は、用事もないのに取引先のお得意さんにあいさつ周りするーって内容のお話をしたと思います。

gomibukuro00

 

この単純接触効果を提唱したアメリカの心理学者ロバート・ザイアンス教授は、お互いのことを分かりあうから、こーゆー現象が起きるのか。
それとも単純におしゃべりをする・・つまりコミュニケーションのせいなのか。
いやいや、ただ目にしただけで、だんだんと好意って生まれるんじゃねーか?って考えたわけだ。
視覚に訴えかける刺激が繰り返されると、それだけで好きになっていくはず!と確信して。

 

 

 

そこで!「ゴミ袋男の実験」を決行。

 

目で見るだけで、好意が生まれるのか。
それを証明する為に、ザイアンス教授はとんでもない実験を行いました。それがゴミ袋男の実験。

【ゴミ袋男の実験】
クラスにゴミ袋男がいたら、どうなるか調べた実験のこと

ゴミ袋男の実験とは裸足の足先がやっとこさ見える程度に頭から黒いごみ袋をすっぽり被った生徒を教室に紛れ込ませたらどうなるか調べた実験のこと。
ゴミ袋男は毎週月・水・金の2時間目に必ずどこからともなくやってきて、静かに授業をうけて立ち去る。シュールすぎるだろ!

gomibukuro01

銃社会のアメリカでよく決行したもんだ、この実験。
同じ授業を受ける学生たちは最初は戸惑いましたが、戸惑うって言うか怖いでしょーよ。
教師が何事もないように授業を行うもんだから、他の生徒たちは、ゴミ袋男から離れて席に着き・・・そりゃそーだ!
恐る恐る遠くからチラチラ見てるだけだったとのこと。
しかし!数週間後、学生とゴミ袋男の間になんと友情が芽生えたのか、はたまた好奇心からか、もしくはとりあえず変なやつだけど害はないと思われたのか、ゴミ袋男に話しかける学生が現れ、いつしかゴミ袋男は人気者になりました。めでたしめでたし。

 

 

 

この結果をどうみるか

gomibukuro03

授業の中でどっかでゴミ袋男が知性を見せたことで、周りが一目置くようになった可能性だってあるし、教科書忘れた隣のやつに黙って優しく教科書をみせてあげてたかも知れない。
つまり、これだけじゃ「見ただけで好意が芽生える」証明にはならなかったため、ザイアンス教授はこのあとも似たような実験を続けたわけですが・・最終的に「見ただけで好意が生まれる」との結論に至っています。

 

 

 

結論:YouTubeもみてね。

 

というわけで、若い人がその中心となっているYouTubeみたいなところで、僕みたいなおじちゃんがいても、そのうち見慣れていくんだよ!という記事を書かせていただきました。
みなさま、最初は暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。