デキるヤツは反省しない!?


tube

 

デキるヤツは反省しない!?

007kpt

芸能界だけじゃなく、ネット界、YouTube界でもいろんな人が謝罪会見をしたり、謝罪動画をアップしたり、謝って当然みたいな人もいれば、時には、誤る必要ないんじゃないかという人まで。
世は「反省」が渦巻いているわけですが、本当にデキる奴は反省をしない!

とりあえず謝っとけ的な風潮がそうさせるんでしょうけど、

デキる奴は本心から反省をしない。
その代わりにデキるやつは、振り返る。

 

 

次への教訓とする。

そこで今日は、KPT分析(ケプト分析)をご紹介します。

 

004kpt

 

「反省」と「振り返り」って、なんか似ている気もしますが、「反省」が、過去の悪いところばかりを強調するのに対し、「振り返り」は、次への教訓とする未来的な考え方というわけです。

不倫が発覚した!SNSが炎上した!みたいな、なんかやらかした後だけじゃなく、例えば、ダイエット計画、テスト勉強、貯金とか、この夏・童貞卒業するぜ!とか。
そういう1つの計画、マイプロジェクトが終わるとき、「振り返り」をするとしないとで今後に大きな違いが生まれます。

僕も仕事で、1つのプロジェクトを終結させるときに、今後の教訓として最終報告書を作るんですが、そこには、いつか次に似たようなことに取り組む際、今回よりもうまく物事を進められるように、様々な提言が盛り込まれているわけです。

 

 

 

前向きに振り返る。

その中でも振り返りのポイントは3つ。

000kpt

この3つの視点で振り返ると、前向きで未来志向の考え方ができます。

 

 

振り返ってみて、
続けていきたい良かったことを列記する。
併せて、問題があったので、改善したことも列記する。
そして、次はこうしたいということを列記する。

 

001kpt

 

個人の場合は、こういうのをノートとか脳内ホワイトボードに書いてみるのもいいですし、複数人でやる場合は、1人1人に発表してもらう感じでやったほうがいいと思います。

 

 

 

 

未来の自分へ、この経験の攻略本を作る気持ちで。

振り返ることで、実績や経験を自分の資産にする。
会社ならば、個人の経験を会社の資産にすることで組織力が強化されるし、個人ならば、ダイエットとか、テスト勉強に取り組んだ後、結果はどうあれ、つらかったこと、がんばれたこと、うまくいかなかったところを考えて、次はこうしようって思えるじゃない。

以前にPDCAサイクルの動画をアップした時も説明しましたが、会社とか学校って、こういう振り返りの機会が割とあるのよ。

だけど、ダイエットとかの個人の計画ってなかなか振り返りがちゃんとできている人っていないんです。
デキる奴ほど振り返る!
ぜひお試しください。

 

 

 

 

おさらい「KPT分析」

 

003kpt

こいつ全然反省してないな・・・みたいな謝罪会見ってあるじゃない。みてて分かるもんね・・・ああゆうの。
きっと、そういう人って、振り返りの仕方がおかしいんだと思うのね。

次は浮気がバレないようにこうしよう・・とか
次こそは、大事にならないようにちゃんと根回ししようとか。

それはそれで成長だけどね。周りが期待した成長ではないけども。